巻き爪を自分で治す方法

 

 

 


巻き爪を自分で治す方法について

ここでは、巻き爪を自分で治す方法についてご説明していきます。

 

巻き爪は症状によっては病院で手術をしなければ改善できない場合があるものの、そこまで症状が進行していなければ自宅で治すことができるのです。

 

病院に行く時間がないという方は、自分で治す方法について知りたいはずなので、このページをよくチェックしてみてください。


巻き爪ブロックを使おう

巻き爪を自分で治す方法で最も手軽に行えるのは、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用です。

 

巻き爪ブロックはバネを自分の爪に装着し、付属のテープを爪の上から貼り付けるだけの簡単な処置となっており、だんだんと湾曲した爪を正常な状態へと持っていってくれるグッズとなっております。

 

バネの力で爪を上へと持ち上げてくれるので、爪が肉に食い込むという症状を改善し、直ぐに痛みを和らげてくれるのです。

 

それに、サイズもバネも自分の爪に適したものを購入できるというところが、巻き爪ブロックの優れたポイントかもしれません。

 

爪が自然と平らになっていくのがコンセプトで、皮膚を傷つけたり爪が割れたりといった弊害はないので、通販で購入して実際に試してみるべきです。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


竿中とおる君を使おう

竿中とおる君を釣具の一種で、上州屋などで販売されており、形状記憶処理をした超弾性ワイヤーで巻き爪を治していきます。

 

医療用ワイヤーよりもお手頃な価格で購入できるというところが大きなメリットで、巻き爪を自分で治す方法の一つです。

 

ただし、竿中とおる君は爪を強制的に曲げて矯正を行う方法となっており、爪が欠けていたりササクレができていたりすると、その部分から亀裂が入って爪が割れてしまうというトラブルが引き起こされます。

 

ワイヤーを爪の中に通すのは意外と慎重に行わなければならないので、できるならば病院で処置を施してもらった方が良いでしょう。


ニッパー爪切りを使おう

巻き爪を予防するには爪の切り方が最も大事だと言われており、清潔さを保つあまり短くしすぎて深爪となると、症状が引き起こされやすくなります。

 

そこで、巻き爪専用のニッパー爪切りを使用すれば、刃が真っ直ぐで切りたい部分をピンポイントでカットできるので、深爪を防ぐことができるのです。

 

そして、爪を指のカーブに沿ってカットしていくのではなく、四角くカットするスクエアオフを行えば、巻き爪に悩まされることは少なくなります。

 

その際に、ニッパー爪切りが非常に適しているので、通販で買って試してみてください。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ