切り方による巻き爪の治し方

 

 

 


切り方による巻き爪の治し方について

爪の切り方は巻き爪の治し方として非常に大きなポイントで、正しい爪の切り方を実行していれば、巻き爪に悩まされることは少なくなります。

 

一般的に爪のカーブに沿ってカットしていくのが普通ですが、巻き爪が引き起こされている方にはあまり適さない切り方で、後々に肉に爪が食い込みやすくなってしまうのです。

 

そのため、四角くスクエアにカットするようにすれば、肉に食い込むことはありませんし、深爪も同時に防止できるので、巻き爪の治し方として非常に適しております。

 

爪は人間が行う基本的な動作になくてはならない器官で、爪に異常が生じていれば物を掴むことができませんし、歩くことさえ困難となるケースも十分にあり得るのです。

 

特に、足の親指の爪は歩く度に負荷が加わり、巻き爪が引き起こされていると痛みによって激痛が走るかもしれないので、正しい爪の切り方を実践するのが正しい治し方だと言えるでしょう。

 

上記で説明したように四角くカットしていき、白い部分を1mm程度残すのが理想なのですが、慣れていないと切りすぎてしまう可能性があるので、ある程度の長さまで切ったらヤスリを使うのがベストです。

 

ヤスリで爪を削るのは時間を要するので、面倒だと感じるかもしれませんが、綺麗に爪を傷めずに短くできるので、巻き爪の予防として非常に適していると言えます。

 

とは言え、既に巻き爪が引き起こされているという方は、爪が丸まっているため上手くカットできないかもしれないので、巻き爪ブロックで湾曲を改善するべきです。

 

ありとあらゆる製品の中で、巻き爪ブロックは口コミで評判となっており、お一つ3,000円と安い料金で手に入るので、一度購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、夏場となると素足になる機会が増え、巻き爪が引き起こされていると見た目のイメージが悪くなるので、きちんとフットケアを行っていく必要があります。

 

このページでは爪の切り方による治し方をご説明しておりますが、ある一つの方法を行えば良いというわけではなく、様々な対処を試みることで、少しずつ正常な状態にもっていくことができるのです。

 

その中でも爪の切り方は重要なポイントで、巻き爪が引き起こされている状態を改善しようと深爪にしている方がいらっしゃいますが、将来のことを考えると逆効果だと言えます。

 

深爪によって肉に爪が食い込まなくなるので、一時的に症状を緩和させることができるものの、深爪をすると伸びてくる爪が肉の部分にぶつかり、曲がって生えるようになるので注意しなければなりません。

 

深爪を予防するためには親指の爪を四角く切るスクエアカットと呼ばれる方法が適しており、専用の爪きりの使用が適しています。

 

爪の切り方によって将来的に巻き爪が引き起こされるかどうか決まると言っても過言ではないので、細心の注意を払ってみてください。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ