テーピングを使った巻き爪の治し方

 

 

 


テーピングを使った巻き爪の治し方について

巻き爪の治し方として、テーピングを利用した方法があり、実際に試したことがあるという方はいらっしゃるかもしれません。

 

巻き爪は爪が巻くことによって皮膚に食い込み、痛みが引き起こされるという症状なので、テーピングを行うことによって肉部分を離し、爪の食い込みを和らげていきます。

 

初期症状であればそこまで痛みを感じることはありませんし、専門的な治し方を実行しなくても自然と痛みが引いているかもしれませんが、症状の悪化によって日常生活に支障を来たすことも十分にあり得るのです。

 

ーピング自体で痛みが和らぐというわけではないものの、爪が皮膚に食い込む方向をずらせるため、ある程度症状を緩和させることができます。

 

巻き爪用のテーピングは、ドラッグストアやデパートなどで販売されており、自宅で試せる治し方の一つなので、非常に人気となっているのです。

 

医療行為の一種とも考えられるため、プロにテーピングをしてもらった方が効果は高いものの、巻き爪の症状が軽ければ、自分で簡単に取り付けることができるでしょう。

 

ただし、テーピングを使った治し方は一時的に痛みを緩和させる程度であり、症状が重ければ重いほどその行為自体が無意味になるので、爪の湾曲を改善したいのならば、巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

万人向けに作られている製品は、フィット感に物足りなさを感じることがあるものの、巻き爪ブロックは自分の症状に合わせて強度を選択できるので、一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、テーピングを使った巻き爪の治し方は一つではなく、色々な方法がありますが、テープを爪が食い込んでいる部分から斜めに巻いて、皮膚と爪を離すという処置が一般的です。

 

少々高い製品ですが、市販で販売されているサージカルテープを利用するのが効果的で、最初に引っ張り始めてから力を緩めずにぐるりと足の指を一周させることで、痛みから解放されます。

 

巻き爪自体を治すというケアが大事なのは間違いありませんが、痛みを和らげなければ治療どころではないので、まずはテーピングを利用するのが良いかもしれません。

 

しかし、痛みを和らげたいからといって、あまりにも強くテーピングを施しすぎると、逆に巻き爪の症状が悪化するかもしれないので、力加減には注意が必要です。

 

伸縮タイプのテープは通販で販売されておりますが、お近くの薬局でも巻き爪に使用できるテープはあるはずなので、一度覗いてみてください。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ