ティッシュを使った巻き爪の治し方

 

 

 


ティッシュを使った巻き爪の治し方について

巻き爪の治し方として、ティッシュを使った方法があるということをご存知ですか。

 

巻き爪の治し方というよりも、痛みを和らげるための応急処置と言った方が良いかもしれませんが、肉に刺さらない程度まで爪を伸ばし、その状態でティッシュを小さくちぎって指と爪の間に挟みます。

 

特にティッシュの大きさが決まっているわけではないものの、米粒くらいに切って挟むことにより、爪の両端が皮膚に食い込むことがなくなるので、痛みが引き起こされなくなるのです。

 

重度の症状ですとこのような治し方では一時的な対処に過ぎず、根本的に巻き爪を改善することはできませんが、症状が軽ければティッシュを挟むだけでもだんだんと矯正されていくので、試す価値は大いにあるかもしれません。

 

ただし、患部の清潔はきちんと保たなければならないので、清潔なティッシュをピンセットで摘んで指と爪の間に入れ、万全を期すのであれば、ヨードチンキといった消毒液を浸した方が良いです。

 

通常の状態ではティッシュを上手く詰められないかもしれないので、爪や皮膚が柔らかくなるお風呂上りに試すと大きな効果が期待できます。

 

巻き爪を完治させられるような治し方ではないものの、少しでもダメージを回避するためにも、積極的に試した方が良いのです。

 

とは言え、湾曲が酷い場合、ティッシュを詰めただけでは痛みを和らげることはできないので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

痛くない巻き爪治療として、最近では巻き爪ブロックが流行しており、老若男女に愛されているグッズなので、症状を和らげるために使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ティッシュを使った巻き爪の治し方を実行する場合、あまりにも大きいティッシュを無理に爪の間に挟み込もうとすると、爪が剥がれたり割れたりといったトラブルが引き起こされる可能性があります。

 

爪と皮膚がティッシュによって離れ、痛みを感じなければそれで良いので、米粒くらいの大きさで問題はありません。

 

手で入れようとしても上手く詰め込めないかもしれませんし、手に付着した雑菌によって炎症を引き起こすかもしれないので、清潔に保たれたピンセットを利用するべきです。

 

そして、入浴時には必ずティッシュを外すように心掛け、汗などで濡れてしまった場合、その状態を維持していると細菌が繁殖する絶好のポイントとなるため、きちんと取り替えた方が良いでしょう。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ