巻き爪とやすり

 

 

 


やすりで巻き爪の治療をしよう

間違った爪切りによって巻き爪が引き起こされることが多く、深爪はその大きな原因の一つなので、やすりの使用をおすすめします。

 

巻き爪の治療としてやすりの使用は非常に適しており、やすりで爪を削るのはかなりの時間を要するものの、深爪になるリスクを大きく軽減できるのです。

 

全ての爪をやすりで削るのは困難ですが、ある程度白い部分を残すように爪切りでカットし、その後にヤスリで長さを調節するようにすれば、巻き爪で悩まされるということはほとんどありません。

 

巻き爪の治療というよりも、予防としてやすりの使用は適しており、最近では爪切りにやすりが搭載されているタイプが多いので、新たに購入するという必要はないのです。

 

とは言え、既に爪が湾曲しているという方は、自分で治療するための巻き爪やすりが効果的で、削る部分が細く薄い形状となっており、ストレートのタイプとカーブしたタイプの2種類に分けられます。

 

巻き込んで皮膚と接触している部分の爪を削るのが大きな目的となっており、皮膚の軟部組織に食い込まないようにしてくれるので、痛みを軽減させるツールとして非常に適していると言えるでしょう。

 

皮膚の肉に食い込まない位置まで爪が伸びれば痛みを感じなくなるので、巻き爪やすりで少しずつ削りながら伸びるのを待つというわけです。

 

しかし、巻き爪そのものを治療できるグッズではないので、爪の湾曲を正常な形に戻したいのであれば、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめとなっております。

 

病院で行われているような矯正を自宅で簡単に行える素晴らしいアイテムなので、興味がある方は一度巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、皮膚に爪が食い込んでいる部分の近くを巻き爪やすりで削ることにより、肉圧で矯正することに成功したという方は多くいらっしゃいます。

 

ただし、露出している部分の爪を削るので、場合によっては力を入れすぎて爪を割ってしまったり、削りすぎてしまうことがあるので、力加減には十分に注意しなければなりません。

 

爪切りだけでカットするよりも、深爪になるリスクは下がるものの、元々爪が薄いという方は、慎重にフットケアを行っていかなければならないのです。

 

削るにしても毎日のように行っていては、爪が大きなダメージを受けてしまうので、間隔をあけて削るようにしてください。

 

完全に巻き爪が治るまでに時間が掛かるかもしれませんが、諦めずに処置を施すことで最悪の事態を防げるはずです。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ