自分でプレートを使って巻き爪を治せる?

 

 

 


自分でプレートを使って巻き爪を治せるの?

「自分でプレートを使って巻き爪を治せるの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、それは少々難しくなっております。

 

ワイヤー矯正であれば、自分で形状記憶合金のグッズを購入し、ドリルで爪に2ヵ所の穴をあけて施術できますが、プレートは市販では販売されておりませんし、医療用ののりで爪の表面に貼り付けるため、病院やネイルサロンで処置を施さなければならないのです。

 

保険外治療となので、かなりの費用が掛かり、何とか自分で処置を施したいと考える気持ちは十分に分かりますが、プレート矯正を行うことはできません。

 

だからと言って、ワイヤー矯正を自分で行うのは少々危険ですし、皮膚や爪を傷つけてしまう可能性があるため、病院で専門医に施術してもらった方が良いのです。

 

プレートの矯正であれば長い時間は要しませんし、出っ張りが少ないのでワイヤーよりも靴下や寝具への影響が少なく、日常生活に大きな支障を出さずに巻き爪を治していくことができます。

 

ただし、医療用ののりで装着しているだけなので、大きな圧力が加われば外れてしまいますし、それでは巻き爪の矯正が行えないので、その時はもう一度病院を訪れるべきです。

 

もし、どうしても自分で巻き爪を治療したいのであれば、ワイヤー法やプレート法ではなく、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが良いでしょう。

 

巻き爪ブロックであればバネを装着するだけなので医師の手助けは必要ありませんし、いつでも簡単に付け外しができるというメリットがあるので、是非巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、プレートの種類は主にドイツ製で、ドラッグストアなどで販売しているグッズではないため、専門の医療機関で症状を診てもらい、その後に巻き爪を治すために処置を施すという形となります。

 

プレートの費用は約1万円程度ですが、これには初診料は含まれておりませんし、途中で張力が落ちると想定されるため、数回に渡って取り替えなければならないのです。

 

このように、大きな費用が掛かるとともに自分で処置を施すことはできないので、上記でご紹介した巻き爪ブロックを使用するというのが適しております。

 

しかし、これはプレートを利用した方法に限った話ではありませんが、ただの巻き爪であれば治せるものの、爪白癬が原因だったり、爪が食い込んで患部が化膿している場合は、その症状を最初に治さなければなりません。

 

いずれにしても、患部が化膿した状態を自分で改善するのは少々酷なので、信頼できる病院を受診してください。

 

 


「巻き爪をプレートで」に関するページ
自分でプレートを使って巻き爪を治せる?
巻き爪をプレートで治す場合は保険が適用される?