巻き爪と外反母趾

 

 

 


巻き爪と外反母趾について

外反母趾(がいはんぼし)とは、ハイヒールやつま先の細い靴を履くことで、親指が小指側に15度以上曲がってしまった症状を指し、症状が酷い方は30度程度曲がっていることもあります。

 

巻き爪と外反母趾には直接的な関係性はないものの、足の親指に引き起こされるという点では一緒なのです。

 

それに、巻き爪と外反母趾に悩まされる原因は酷似しており、上記で説明したように親指に過度の圧迫を掛けていたり、骨格が柔らかいという体質によって引き起こされる確率が上がります。

 

つまり、自分のサイズに合わない靴を長期的に履いていると、爪が湾曲する巻き爪と親指が不適切な方向に曲がる外反母趾の両方の症状が生じるかもしれないので、毎日の予防が必要だと言えるでしょう。

 

外反母趾は、症状が悪化すると変形がどんどん酷くなり、普通の靴が履けなくなったり、歩行が困難となって手術をしなければならないというケースもあるので、そのような状態になる前に早めに病院で診察を受けた方が良いです。

 

巻き爪と外反母趾のどちらの症状が引き起こされていたとしても、病院では症状を改善するために、様々な治療法を掲示してくれます。

 

外反母趾の治療方法は一つではありませんが、足の特性や歩き方を把握し、ストレスの少ない靴を履いてフィッティングとインソールの効果で安定させると、少しずつ症状が和らいでいくはずです。

 

巻き爪の治療に関しては、患部が酷く炎症を引き起こしていないのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで正常な状態へと戻せるので、一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、外反母趾(がいはんぼし)は圧倒的に女性が悩まされやすいという特徴があります。

 

これは、パンプスやヒールといった窮屈な靴を履く機会が多いからという理由だけではなく、男性よりも足の骨格が柔らかいからなのです。

 

ただでさえ外反母趾になりやすいのにも関わらず、足のつま先に負担が掛かるような生活を長期的に行っていては、外反母趾や巻き爪が引き起こされやすいということはお分かり頂けるでしょう。

 

どちらの症状も遺伝による影響が少なからずあるので、完全に防ぐことはできないものの、正しい靴の選び方を実行していれば最悪の事態は防げるはずです。

 

外反母趾を放置しているとボディーバランスが悪くなり、歩行が上手くできなくなるかもしれないので、正常な状態へと戻すために医師の指示の下で治療を行うようにしてください。

 

 


「巻き爪の症状」に関するページ