巻き爪の手術

 

 

 


巻き爪の手術について

巻き爪は個人によって症状が異なりますし、軽度であれば矯正で十分に改善できるので、必ずしも外科的手術を施さなければならないというわけではありません。

 

ただ爪が巻いている状態ならば、ワイヤーやプレートを使用して矯正していけば、少しずつ元の状態に戻っていきます。

 

しかし、巻いた爪が皮膚の肉に突き刺さり、そこから細菌が感染して炎症や化膿といった症状が引き起こされると、矯正だけでは症状を和らげられないので、手術を行わなければならないのです。

 

様々な手術が行われているので一概には言えないものの、局所麻酔を打った後、爪の根から爪の縁を切除し、新しい爪を生えてこさせなくするフェノール法が一般的となっております。

 

「縫合や抜糸の必要がない」「比較的痛みがない」というのがフェノール法のメリットですが、麻酔をしていても絶対に痛みが引き起こされないというわけではないのです。

 

以前に頻繁に行われていた鬼塚法は、皮膚の切開を行うという手術で、爪の幅が狭くなり、見栄えが悪いだけではなく、手術後の痛みが強いというのが大きなデメリットでした。

 

その点、フェノール法は麻酔時の痛みだけ我慢すれば良いので、鬼塚法と比べて患者さんの負担は軽減されているものの、外科的手術を巻き爪の治療に施さなければならないという点では一緒です。

 

巻き爪の症状にもよりますが、絶対に手術をしなければ治らないというわけではないので、まずは手術を考えるのではなく、自宅で矯正できる巻き爪ブロックの使用を頭に入れてみましょう。

 

「大した効果が期待できないのでは?」と疑問を感じている方がいらっしゃるかもしれませんが、少しずつ症状を和らげることができるので、一度巻き爪ブロックを試すべきです。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、これは巻き爪の手術に限った話ではありませんが、手術をしたら終わりというわけではなく、経過観察と患部を消毒するため、数回程度通院の必要があります。

 

それに、医師から詳しく説明を受けるはずですが、手術後は患部を清潔に保たなければ細菌が侵入し、炎症や化膿を引き起こす大きな原因となるため、お風呂やシャワーは避けるべきです。

 

また、巻き爪の矯正とは違って手術の場合は健康保険が適用されることが多いので、費用は安くなる傾向にあります。

 

だからと言って、巻き爪を治したいから手術を行えば良いというわけではなく、どのような治療が適しているのか専門医に尋ねるのがベストです。

 

早期治療を心掛けていれば、巻き爪は怖い症状ではありませんし、一生治らないわけでもないので安心してください。

 

 


「巻き爪の手術」に関するページ