巻き爪の手術と抜糸

 

 

 


巻き爪の手術と抜糸について

メスを使って爪の横を切除していく鬼塚法と呼ばれる手術は、抜糸が行われる場合があります。

 

いちいち説明する必要はないかもしれませんが、抜糸とは切り口が癒着した後、それを縫い合わせていた糸を抜き取ることで、鬼塚法で巻き爪の手術を行った場合は、術後1週間〜3週間程度でこの施術が行われるのです。

 

糸を抜き取るということで、「抜糸はかなりの痛みが生じるのではないか?」という疑問を抱く方がいらっしゃいますが、手術後の痛みに比べたら大したことはありません。

 

巻き爪の手術を行い、時間が経って麻酔が切れた状態の時の方が痛みは激しいので、抜糸はそこまで大変な施術ではないと説明できます。

 

とは言え、現在は鬼塚法ではなく、薬で爪母を切除するフェノール法の方が一般的な手術方法で、これは糸で縫い合わせるという処置を施さないので、抜糸を行う必要はないのです。

 

それに、手術が終わってから数日間は痛みが残るかもしれませんが、鬼塚法よりも痛みが少ないという特徴があるので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

ただし、どちらの手術を行うにしても、巻き爪治療に欠かせないというわけではなく、ただ爪が湾曲しているような状態であれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで症状を改善できます。

 

巻き爪ブロックを利用すれば病院に通う必要はないですし、自宅で器具の取り外しも可能なので、まずはこの方法で巻き爪を改善できるように試みてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、どの手術を行ったとしても、1回切りで巻き爪の治療が終了というわけではなく、経過観察のために1ヶ月〜2ヶ月程度は診察が必要となります。

 

抜糸を含め、症状の経過を専門医に見せなければならないので、必ずしも入院するわけではないものの、数回の通院は必須なのです。

 

その後、患部に特に異常がなければ治療はオシマイですし、生活面で巻き爪が引き起こされないように注意していれば、再発する可能性は低いと言えます。

 

そのようなアフターケアのアドバイスを行っているクリニックを探し、手術を受けるのが一番かもしれません。

 

 


「巻き爪の手術」に関するページ