巻き爪の手術と医療保険

 

 

 


巻き爪の手術と医療保険について

「巻き爪の手術は医療保険が適用されるの?」という疑問を抱いている方は多くいらっしゃいます。

 

美容皮膚科や整形外科によって異なるので一概には説明できないものの、鬼塚法やフェノール法といった手術は、医療保険が適用されるので、意外と安い費用で施術できるのです。

 

巻き爪の手術と聞くと、とんでもなく高い費用が掛かるのではないかと勘違いするかもしれませんが、医療保険が適用されるので健康保険であれば3割負担で済みます。

 

病院でワイヤーやプレートを使用した巻き爪の矯正を行う場合、医療保険が適用されないのでトータルで5万円程度掛かる場合もあるのです。

 

しかし、フェノール法であれば10,000円〜15,000円程度の費用で済むので、安い金額で受けられるということがお分かり頂けるでしょう。

 

ヒアルロン酸注射やコラーゲン注入など、見た目の美容目的のために行われる手術には保険が適用されず、巻き爪の矯正も日常生活に大きな支障が出るわけではないので、美容目的の一種だと考えられております。

 

とは言え、巻き爪の手術を行う場合、患部が炎症や化膿していると想定でき、そのまま放置すると様々な弊害が引き起こされるため、医療保険が適用されるというわけです。

 

ただし、費用が安いからといって手術を行えば良いというわけではなく、症状が進行していないのならば、矯正グッズを使ってフットケアを行った方が良いかもしれません。

 

クリニックで処置を施してもらうとなると、健康保険が適用されないため、大きな費用が掛かりますが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックであれば、僅か3,000円で済みます。

 

しかも、多少のズレは生じるものの、4ヶ月間程度矯正力が持続する素晴らしいアイテムなので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、形状記憶機能を利用したワイヤー治療や、爪の表面にプレートを貼り付ける巻き爪の治療は保険が適用されないため、とんでもなく高い費用が掛かるのではないかと不安を抱くかもしれません。

 

確かに、巻き爪の度合いにもよって異なりますが、2週間や3週間程度で爪の湾曲が元に戻ることはないため、ある程度の費用を覚悟しておく必要があります。

 

それでも、医師のカウンセリングを受け、あなたに適した治療法を実践することにより、症状は少しずつ改善されていくはずです。

 

矯正グッズを使うにしろ、専門的な手術を受けるにしろ、巻き爪を放置すればどんどん症状は進行していくので、何かしらの対処を行うようにしましょう。

 

 


「巻き爪の手術」に関するページ