巻き爪の手術と麻酔

 

 

 


巻き爪の手術と麻酔について

巻き爪の矯正をワイヤーやプレートで行うという場合、痛みを感じることがないので麻酔を打つことはないものの、手術を行う場合はメスを入れたり薬剤を使用する外科処置なため、麻酔が使用されます。

 

巻き爪は足の部分に対する手術なので、全身麻酔を打つことは絶対にありませんが、局所麻酔を施して治療を行っていくのです。

 

親指の神経に局所麻酔を打つということで、痛みに弱い方はとんでもなく激痛が走るのではないかと不安になるかもしれません。

 

麻酔による痛みは人によって様々ですし、医師の腕によっても左右されるため、何とも言えない部分はあります。

 

しかし、一般的な巻き爪の手術は、爪の付け根に局所麻酔を打ち、それから爪を取り除く処置を行っていきますが、一本目の麻酔は痛いものの、二本目は特に何も感じないことが多いです。

 

痛いと言っても、転げ回るほど激しい痛みに襲われることは少なく、人によってはチクっと感じるだけなので、あまり意識し過ぎない方が良いでしょう。

 

少しでも痛みに耐えられないという方は、巻き爪の手術ではなく矯正を行いたいと考えるかもしれませんが、爪の食い込みが原因で炎症を引き起こしている状態は、膿んで肉芽が形成されていることが多くなっております。

 

このような状態で矯正を行ったところで、膿を取り除けるわけではないので、手術適応となることがあるのです。

 

患部が炎症を引き起こしていないのならば、手術を行わなくても症状の改善が可能なので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

矯正期間は長いというデメリットがあり、直ぐに巻き爪が治るわけではないものの、痛みは直ぐに解消されるので巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、麻酔が切れる時間に関しては個人差がありますが、手術が終わった後に引き起こされる痛みは、麻酔時の痛みと比べるとそこまで酷くありません。

 

一応、医師から痛み止めが処方されることが多いものの、痛み止めを服用せずに過ごせたという方は多くいらっしゃるのです。

 

以前まで中心的に行われていた鬼塚法と呼ばれる巻き爪の手術は、術後の痛みが強いということで鎮痛剤がなければ日常生活が困難となります。

 

患者さんの負担が大きいということで、最近ではあまり実施されておらず、その代わりにフェノール法と呼ばれる薬剤を使った手術が一般的です。

 

この手術でも麻酔は使用されますが、手術後に生活に支障が出るほどの痛みは生じないので、気軽に受けられる方法の一つだと説明できます。

 

 


「巻き爪の手術」に関するページ