巻き爪と鬼塚法

 

 

 


巻き爪と鬼塚法について

巻き爪の手術で、鬼塚法(おにつかほう)と呼ばれる方法が美容皮膚科や整形外科では行われております。

 

現在ではあまり行われていない手術の一つで、一般的にはフェノール法の方が主流なのですが、このような巻き爪の治療も以前は行われていたのです。

 

フットケアの後進国と言われている日本でも鬼塚法は実施されており、局所麻酔で指の神経をブロックし、指の付け根にゴムで巻いて血を止めてから爪母を切除するという手術となっております。

 

末節骨の骨膜までも切除していくので、爪が爪母から生えてこないようになり、新たに生える爪が巻く心配がないため、巻き爪を予防できるという仕組みです。

 

鬼塚法で爪母を切除した後は、術後1週間〜3週間程度で抜糸を行い、その後ならば入浴も可能となっております。

 

鬼塚法は薬剤を使用して巻き爪の改善を図るフェノール法と比べ、切除範囲を狭くできるというメリットがありますが、小さな爪が生えてきて巻き爪が再発するリスクがあるということを頭に入れておかなければなりません。

 

また、これは鬼塚法に限った話ではありませんが、巻き爪を治療するに当たって、炎症や化膿が酷くなければ無理に手術を行う必要はないのです。

 

恐らく、病院を受診して積極的に手術を勧める方はおりませんし、矯正で元の状態に戻せるのならば、爪や皮膚を傷つけるリスクを負わなくても良いと言えます。

 

そこで、巻き爪の矯正を考えているのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックに頼るのがおすすめです。

 

巻き爪ブロックは、数あるグッズの中でも一番人気となっており、マニュアルに従えば誰でも簡単に装着できるので、是非購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、なぜ以前まで実施されていた鬼塚法が行われなくなったかというと、術後の痛みが非常に強く、患者さんに大きな負荷が加わるというのが原因です。

 

他の巻き爪の手術は、施術後に数回に渡って通院をしなければならないものの、治療時間は短いですし入院の必要も全くありません。

 

その点、鬼塚法で両足の巻き爪の手術を行った場合は、入院しなければなりませんし、爪の幅が狭くなって見栄えが悪くなるので、女性にとっては大問題なのです。

 

このようなリスクに加え、巻き爪が再発する可能性があるということで、現在ではフェノール法やアクリルガター法が主流となっております。

 

これから巻き爪を治すという方は、鬼塚法を行うことはないかもしれませんが、どちらにしても施術を受ける前に、専門医ときちんと相談しましょう。

 

 


「巻き爪の手術」に関するページ