巻き爪と老化

 

 

 


巻き爪と老化について

巻き爪の全ての原因が老化というわけではありませんが、これも一つの要因だと説明できます。

 

基本的には年齢に関わらず、巻き爪は誰にでも引き起こされる可能性があるものの、高齢になると爪の乾燥や硬質によって爪が変形しやすくなってしまうのです。

 

生まれたての赤ちゃんの爪を触ってみると、プルプルとしていて弾力があるということが分かりますが、これは爪の中に水分がたっぷりと含まれているからで、老化によって徐々に蒸発して黄ばんで硬くなります。

 

このような老化現象と靴や歩行といった親指への負担が重なることで、簡単に爪が湾曲し、皮膚に食い込んで炎症や化膿を伴った巻き爪になってしまうというわけです。

 

爪はカルシウムでできていると考えるかもしれませんが、実はタンパク質で構成されているという特徴があり、皮膚の延長だと言えるでしょう。

 

自分の爪を良くチェックしてみると、縦にスジが入っており、気になっている方はおりますが、実はこれは老化現象の一つです。

 

爪はお手入れを怠ると自力で再生することができず、元の健康な状態に戻せないので、爪が不健康となって巻き爪になりやすくなります。

 

以上のように、巻き爪と老化には関係性があるものの、年齢を重ねてもこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用すれば、自宅で矯正することができるはずです。

 

巻き爪ブロックは老若男女におすすめできる矯正グッズの一つとなっており、ただバネを取り付けるだけの簡単な手順なので、高齢者の方も気軽に試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、上記で少しご説明した縦すじは老化現象の一つですが、巻き爪と直接的に関係しているわけではありません。

 

縦スジが多くなったからといって巻き爪になりやすくなっているわけではないものの、爪の水分が失われて不健康な状態となっているので、ハンドクリームやオイルで保湿をした方が良いです。

 

肌の保湿を行ってニキビや吹き出物ができないようなスキンケアを行っている方は多く、このようなケアと同じように爪も十分にお手入れをするのが重要だと言えます。

 

それに、中には巻き爪が引き起こされているのにも関わらず、親指の症状の悪化に気が付かないという方がいらっしゃいますが、爪のケアを丁寧に行っていれば、異変に直ぐに気が付くはずです。

 

炎症や化膿を伴った巻き爪でなければ、矯正グッズの使用で何とかなりますし、早期治療を心掛けることが最も重要だと説明できるでしょう。

 

 


「その他」に関するページ