巻き爪と糖尿病

 

 

 


巻き爪と糖尿病について

糖尿病と巻き爪には特に関係性がないと考える方がいらっしゃいますが、実は意外なほど強い関係性があります。

 

糖尿病を発症していると血糖値の高い状態が続き、神経障害以外にも動脈硬化による血流障害も引き起こされやすいのです。

 

それに、細菌や水虫といった感染病に対する抵抗力が低下し、巻き爪によって皮膚が傷付けられた場合、そこから細菌が侵入して炎症や化膿が生じやすくなります。

 

また、爪水虫も爪が硬くなって巻き爪になりやすい大きな原因の一つとなっており、糖尿病の方は爪水虫に悩まされる可能性が高いので、十分に注意しなければなりません。

 

糖尿病の症状は一つではないので一概に説明できないものの、その一つとして四肢末端の血流障害があり、損傷の回復が非常に遅いという特徴があります。

 

巻き爪によって爪が巻いているような状態だけでしたら問題はありませんが、爪の角が皮膚に刺さる陥入爪を引き起こすと、細菌が容易に骨まで達し、指だけのトラブルでは済まされないことがあるのです。

 

普段の日常生活で足に気を配ることはほとんどないですし、ケアが怠りがちになるという特徴があるものの、糖尿病の方は巻き爪の症状が悪化しやすいので、丁寧なお手入れが重要となります。

 

中には、糖尿病によって足の血管に問題があり、巻き爪によって指が壊死し、最悪の場合は切断しなければならないという状態まで酷くなった方はいらっしゃるのです。

 

もちろん、糖尿病を治すために病院で治療を施さなければなりませんが、巻き爪を改善するために、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用した方が良いでしょう。

 

巻き爪ブロックを使用すれば既に生じている痛みを軽減できますし、肝心の巻き爪も徐々に治っていくので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、正常な方にも言えることなのですが、糖尿病の患者さんは毎日の生活でフットケアを念入りに行う必要があります。

 

どのようなケアを行えば良いのか分からないかもしれませんが、「ソフトな洗剤で洗って足を清潔に保つ」「足と指の間の検査を定期的に行う」「いかなる場所でも裸足で歩かない」という予防が大切です。

 

また、靴をデザイン重視で選択するのではなく、自分の足に良くフィットしたものを選ぶというケアも、巻き爪の予防には欠かせません。

 

糖尿病の患者さんは神経障害によって、正常な方よりも感覚が鈍っているため、日頃から自分の足をチェックする癖を付けるのがベストです。

 

 


「その他」に関するページ