巻き爪と痛風

 

 

 


巻き爪と痛風について

巻き爪になって爪が皮膚に食い込むようになると、指の付け根辺りが痛くなるということで、通風と勘違いする方がいらっしゃいます。

 

しかし、巻き爪と痛風は原因が大きく異なるので、この2つの症状には全く関係性がありません。

 

もちろん、両方の症状を併発しているという方はおりますが、痛風はある日突然発症することが多く、血中の尿酸濃度が高まり、これが関節に溜まることで痛みが引き起こされるのです。

 

正常な方であれば、尿酸は尿とともに体外へと排出されるのですが、過剰に血液の中や体内に存在しているという場合、それが排出しきれずに通風として症状が表れるようになります。

 

痛風は、「風が吹いただけでも痛みが生じる」という所以で名付けられ、大人でも歯を食いしばっても涙が出るほどの痛みであり、その発作を経験したことのない方は想像ができないでしょう。

 

巻き爪によって引き起こされる痛みは個人によって異なるものの、ほとんどがチクチクと突き刺さるような痛みで、日常生活に支障が出る場合は、炎症や化膿が進行している時です。

 

しかし、痛風によって生じる痛みは転げ回るような感じで、歩くどころか動くことすらできない状態となるので、2つの症状の違いは直ぐに分かります。

 

もし、痛風が引き起こされたのであれば、病院に行って今後どのような対策を打たなければならないのか尋ね、専門的な治療が必要となる場合もあるはずです。

 

とは言え、巻き爪であれば自宅での矯正が可能なっており、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで痛みを和らげられるので、公式サイトから購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪になってから対処を行うのではなく、日常生活で予防して引き起こされないような対処が大事です。

 

遺伝によって巻き爪になりやすいという体質の方はいらっしゃるものの、親指に過度の負担を掛けないように心掛け、適度な運動をして刺激を与えていれば、症状の悪化は十分に防げます。

 

また、痛風も毎日の予防が必要だと考えられており、「総カロリーを制限する」「アルコール飲料をなるべく控える」「尿酸値を下げるウォーキングといった有酸素運動を行う」というケアが大切です。

 

絶対に通風が引き起こされないという方はいらっしゃいませんし、不規則な生活を続けていてはいきなり発症する可能性はあります。

 

巻き爪にしろ痛風にしろ、一度専門医の診察を受けて、個人に適した予防のアドバイスを受けるのが良いかもしれません。

 

 


「その他」に関するページ