巻き爪の前兆

 

 

 


巻き爪の前兆について

足の爪のトラブルとして最も代表的なのが巻き爪で、年齢や性別に関係なく引き起こされるという特徴があります。

 

気が付いたら巻き爪になっていたというケースも多く、非常に厄介な症状だと説明できますが、何かしらの前兆は存在するはずです。

 

一概には説明できないものの、「爪の先が何となく変形している」「爪の甲に白い斑点が生じている」「爪の根元の皮膚が乾燥している」といった前兆の方は、巻き爪になりやすいと言えます。

 

爪が乾燥していたり、縦スジができるという症状は巻き爪の前兆というよりも、老化現象の一つかもしれません。

 

年齢を重ねることで肌が乾燥してシワやシミができるのと同じように、爪も水分を失って潤いがなくなり始め、不健康な状態となるため、このような状態で大きな負荷が加われば巻き爪になるのです。

 

巻き爪の正しい処置を分かっていないという方は、食い込んだ部分の爪を切って痛みをなくすかもしれませんが、伸びた部分の爪を切っても巻き爪は解消できないという特徴があります。

 

確かに、食い込んだ部分の爪をカットすれば、一時的に痛みは解消されるものの、伸びてくる爪は同じように変形し、皮膚に更に深く食い込むようになるのです。

 

皮膚に食い込んでいる状態は巻き爪の前兆ですが、これに気が付かずに深爪をすると、更に治りにくくなるかもしれないので、十分に注意しましょう。

 

「爪を切らないならばどのように巻き爪を治せば良いの?」という疑問を持っている方には、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめです。

 

巻き爪ブロックであれば、特殊に加工されたバネによって痛みを解消し、徐々に変形した爪を改善できるので、一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の前兆を見逃し、または気が付かないフリをしていると、皮膚への食い込みは更に激しくなり、痛みも酷くなるので注意しなければならないのです。

 

巻き爪は自然と解消されることはほとんどありませんし、食い込んだ皮膚から細菌が侵入し、炎症や化膿が酷くなるというケースも考えられます。

 

巻き爪が酷い状態となると痛みで靴が履けなくなったり、歩行が困難になったりするので、日常生活に大きな支障が出るということがお分かり頂けるでしょう。

 

しかも、場合によっては細菌が皮膚だけではなく、骨にまで達して切断しなければならないという最悪の事態が生じる可能性がゼロとは言えません。

 

そのため、巻き爪の前兆に気が付いたのであれば、直ぐに何かしらの対処をして矯正していくべきです。

 

 


「その他」に関するページ