巻き爪と膿の出し方

 

 

 


巻き爪と膿の出し方について

巻き爪の症状を甘く見ている方はいらっしゃいますが、爪で皮膚を傷つけて炎症期が進むと、細菌が侵入し膿が出てきます。

 

爪甲縁側先端が周辺部分を損傷し、更に炎症が酷くなるので、正しい出し方で膿を取り除かなければならないのです。

 

膿が出て腫れているのでズキズキと痛み、見た目的にも痛々しい状態となるので、巻き爪の状態でしっかりと改善し、爪が皮膚に食い込まないような状態を維持する必要があります。

 

とは言え、患部が化膿して膿が出てしまったのであれば、まずはその症状を和らげるための措置を取らなければならないので、正しい出し方を把握するべきです。

 

膿が患部に付着した状態は、必ずしも良好だとは言えないので、直ぐに対処しなければならないものの、自分でエタノールやマキロンを使用し、消毒するという出し方はあまりおすすめできません。

 

中には、市販で販売されているグッズでウソのように痛みが消え、膿も綺麗に取れたという方はおりますが、あまりにも症状が酷い場合は自己流で対処せずに、病院で診てもらった方が良いのです。

 

それに、化膿している範囲が広い場合は、他の部位に転移している可能性が高いため、早く症状を食い止めるには専門医の指示に従った方が良いでしょう。

 

病院で膿を出して終わりというわけではなく、巻き爪を矯正しなければ同じような症状で悩まされるかもしれないので、巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

そのまま病院でワイヤーやプレートを使っての矯正を行っても良いですが、巻き爪ブロックは自宅で処置を施せるというメリットがあるため、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、どうしても巻き爪によって生じた膿を自分で出したいという方がいらっしゃるかもしれませんが、そのような方のために適した膿の出し方をご説明します。

 

まずは、洗面器に適温のお湯を入れたり、お風呂に入るついでに足を温め、皮膚をふやかして柔らかくしてみましょう。

 

この状態で患部の回りを適度な力で押して中の膿を出し、清潔なガーゼで拭き取って消毒液を使って消毒をします。

 

そして、包帯で患部を巻いて保護すれば終了で、1日で良くなるわけではないものの、数日間に渡って続けていれば少しずつ膿の量が減っていくはずです。

 

ただし、あまりにも強い力で押し出しすぎると、そこから出血するかもしれませんし、自己流の方法なので必ずしも治るとは限りません。

 

どちらにしても、膿を出すだけではなく、巻き爪の治療も平行して行わなければならないので、病院に行くのがベストな選択なのです。

 

 


「巻き爪と膿」に関するページ
巻き爪と膿の出し方
巻き爪と膿を薬で


m