巻き爪と膿を薬で

 

 

 


巻き爪と膿を薬で治そう

巻き爪によって皮膚に突き刺さり、炎症を引き起こして膿が出ると早く何とかしなければならないと考えるはずなので、薬で処置を施す方が多くいらっしゃいます。

 

深爪が原因で巻き爪が生じていたり、欠けた爪の破片が皮膚を傷つけている場合もあり、個人によって症状が異なるので、どの薬で膿がなくなるのか一概に説明できません。

 

しかし、一つ言えることは、膿が出るほどの巻き爪は症状が重いので、市販の薬で対処するのではなく、病院を受診して専門医の指示を受けた方が良いということです。

 

それに、薬での処置は膿を取り除いたり消毒するための一時的な処置であり、症状を緩和させるためには必要なものの、巻き爪自体を治さなければ一度完治しても同じような症状が引き起こされます。

 

患部の膿を取り除き、更に巻き爪も矯正しなければならないことを考えると、市販の薬で対応するのではなく、最初から病院で治療を受けた方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

このことを十分に把握した上で、このページでは巻き爪によって生じた膿を解消するために、どのような薬を使えば良いのか説明しているので、参考程度にチェックしてみてください。

 

あくまでも患部の炎症や痛みを抑えるという一時凌ぎのケアなので、巻き爪を根本的に治せるわけではないということを、頭に入れておく必要があります。


クロマイ-P

「クロマイ-P」は市販で販売されている薬の一つで、巻き爪によって患部の炎症や化膿が引き起こされている時の処置として適しております。

 

化膿を止める力が強く、皮膚炎の治療にも使われているので、人によって大きな効果が期待できるかもしれません。

 

しかし、「クロマイ-P」にはステロイドが含まれており、副作用が引き起こされるリスクが高いと言われているので、万が一を考えて専門医や薬剤師の指示を得てから使用した方が良いです。


キップパイロール

「キップパイロール」は切り傷や火傷の治療として幅広く使われている薬の一つで、殺菌能力が非常に高く、細菌によって発生した膿をきちんと取り除いてくれます。

 

巻き爪によって皮膚が傷つけられただけでは、大きな症状には発展しないものの、雑菌や細菌が入り込むことで一気に症状が悪化するので、「キップパイロール」が適しているというわけです。

 

日焼けやあかぎれといった軽度の症状にも有効で、副作用が少ないというところもメリットの一つだと言えるでしょう。

 

 


「巻き爪と膿」に関するページ
巻き爪と膿の出し方
巻き爪と膿を薬で


m