巻き爪をワイヤーで治す料金

 

 

 


巻き爪をワイヤーで治す料金について

「ワイヤーを利用した巻き爪の矯正はかなり高い料金が掛かるのではないか?」と不安を感じている方がいらっしゃいます。

 

確かに、保険適用外の治療なので、全ての料金を自己負担しなければならないというデメリットがあるものの、そこまで膨大な費用は掛かりません。

 

保険外診療はクリニックで同時に設定できるという特徴があり、病院やネイルサロンによって巻き爪のワイヤー矯正に掛かる料金は異なりますが、初診料を含めて1回当たり10,000円〜15,000円程度です。

 

この中にワイヤーの値段と治療費の値段が含まれており、経過を観察しなければならないため、通院の度に2,000円〜5,000円程度支払います。

 

ただし、ワイヤーが持ち合わせている形状記憶機能を利用した巻き爪の矯正なので、時間が経過するにつれてワイヤーの弾力が弱くなってしまうのです。

 

一概には説明できませんが、ワイヤーは数ヶ月に1度のペースで取り替える必要があり、その際は上記で説明した通院の料金に加えてワイヤーに掛かる料金も支払います。

 

巻き爪はワイヤー矯正を利用してもある程度長い期間を要するため、1本の巻き爪を治すために合計で30,000円〜50,000円程度の料金が必要なのです。

 

少々高いと感じるかもしれませんが、症状が悪化すれば爪が皮膚に食い込み、激痛が走って歩くことすらままならなくなるかもしれないので、病院で処置を施すという選択肢は適しているでしょう。

 

それでも、この料金は誰でもネックになるはずなので、もっと安い費用で治療したいのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを利用するべきです。

 

巻き爪ブロックであれば、お一つ3,000円という低価格で手に入れられるので、病院に通う時間がないという方も試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、これは当たり前の話ですが、巻き爪のワイヤー治療を行うに当たり、治療期間が長くなればなるほど、ワイヤーを取り替える頻度も多くなるので、それだけ高い料金を必要とします。

 

それでも、根気良く治療を続けていれば爪の湾曲は改善できますし、麻酔や手術が要らないということで、患者さんに大きな負担が掛からないのです。

 

それに、ワイヤーの方法にもよって異なりますが、矯正器具を装着していてもネイルアートといったオシャレは楽しめます。

 

男性だけではなく、女性の方でも巻き爪に悩まされている方は多くいらっしゃるので、美を求めている女性にも適した矯正方法なのです。

 

 


「巻き爪をワイヤーで」に関するページ