巻き爪をワイヤーで治して再発する?

 

 

 


巻き爪をワイヤーで治して再発するの?

「ワイヤーで巻き爪を矯正した後、再発することはないの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、高い費用と長い時間を掛けてワイヤー矯正を行ったのにも関わらず、巻き爪が再発したら多くの方はショックを受けるはずです。

 

治療費が安ければ、もう一度頑張って巻き爪を治そうという気持ちが湧くかもしれませんが、ワイヤー矯正は保険外治療となっており、初診料やワイヤー代、通院料金など全てを合わせると3万円〜5万円程度掛かってしまいます。

 

巻き爪を治して痛みから解放されると考えれば安いと感じるかもしれませんが、再発するリスクを考慮するのならば、ポンと支払えるようなお金ではありません。

 

個人の爪質や巻き爪の症状によって異なるので一概には言えないものの、巻き爪をワイヤーで治したとしても、再発率が20%〜30%と非常に高くなっております。

 

これは、フェノール法やガター法といった外科的手術にも該当するのですが、一度治ったと思っても、気が付いたらまた爪が巻いていたというケースは十分にあり得るのです。

 

このようなリスクが存在するため、高いお金を支払ってまでワイヤー矯正を行う必要はないと考えるかもしれませんが、2回目以降の矯正は1回目よりも効果が表れやすいので、それだけ短い期間で巻き爪を治療できます。

 

それでも治療費が高いということには変わりないので、少しでも料金を抑えて巻き爪の治療を行いたいのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

巻き爪ブロックは通販でお一つ3,000円で販売されている大人気商品なので、、早く巻き杖を治したい方は公式サイトで使い方などをチェックし、試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪が仮に再発したとしても、次の矯正期間は前回よりも短くなるはずなので、諦めずにもう一度矯正を行っていく必要があります。

 

大きな費用が掛かるというのはワイヤーによる矯正のデメリットだと言えますが、巻き爪は死に至るような病気ではありませんし、ゆっくりと治療を行っていけば良いのです。

 

巻き爪は日本の国民の10人に1人が悩まされていると言われておりますが、あまり頻繁に耳にする病気ではないのは、症状が悪化してから治療を始めるという方が多いからかもしれません。

 

歩くと爪に痛みが加わるという症状が引き起こされる前にワイヤーやプレートで矯正を行えば、治療期間は短くなりますし、それだけ再発もしにくいはずです。

 

 


「巻き爪をワイヤーで」に関するページ