巻き爪と絆創膏

 

 

 


巻き爪と絆創膏について

ただの巻き爪であれば爪が変形しているだけなので、見た目のイメージが悪くなるだけですが、症状が進行すると爪の角が肉に突き刺さり、その傷口から細菌が進入して化膿してしまいます。

 

このような状態になると痛みも急激に増しますし、膿を取り除かなければならないということで、絆創膏を使用してケアを行っている方がいらっしゃるのです。

 

確かに、患部に膿が残された状態は衛生的に良くないので、マキロンといった市販で販売されている消毒液を付け、絆創膏で覆うという方法は誰もが最初に試すことでしょう。

 

時間が経過すれば患部の皮膚がだんだんとふやけてきますし、その中から膿が出てくるので、絆創膏で症状を少しでも和らげることができます。

 

しかし、市販では色々なタイプの消毒液が販売されており、どれが自分の症状に適しているのか素人では判断できないので、逆に炎症や化膿が酷くなる可能性があるのです。

 

それに、「怪我をしたら絆創膏を貼れば良い」と考えている方は多いものの、実は雑菌が繁殖する絶好のポイントとなってしまいます。

 

また、絆創膏で強く親指を締め付けたことにより、余計に皮膚に爪の角が食い込むことも十分に考えられるので、下手に自己判断で処置を施さない方が良いかもしれません。

 

患部が炎症や化膿を引き起こしているような状態は良好とは言えませんし、早めに対処しなければ自然と解消することはないので、皮膚科に行って症状を診てもらうべきです。

 

もし、爪が湾曲しているだけの巻き爪であれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで元の正常な状態に戻せます。

 

絆創膏や伸縮テープでテーピングを行うという方法もありますが、巻き爪ブロックのような既製品のバネを使う方が効果的です。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ワイヤーを爪に装着する矯正を行っている方は多く、最も一般的な方法だと言えます。

 

爪に穴をあけてそこにワイヤーを通す施術を病院で行えば、ある程度激しい運動をしても外れることはありませんが、爪の上に装着するタイプですと、靴下やストッキングを脱ぐ拍子に外れることがあるのです。

 

それを防止するために絆創膏を貼っている方は多く、確かにワイヤーを固定できるので何も処置を施さないよりかはマシかもしれません。

 

しかし、絆創膏を定期的に取り替えずに放置していると不衛生ですし、専用のテープがあるはずなので、そちらを使った方が良いです。

 

どちらにしても、巻き爪の矯正にはかなりの時間を要するので、諦めずに処置を施すようにしてください。

 

 


「巻き爪の予防」に関するページ