巻き爪とデンタルフロス

 

 

 


巻き爪とデンタルフロスについて

デンタルフロスとは、歯と歯の間に詰まった歯垢を取り除くための細い糸のことを指し、歯磨きだけではなくデンタルフロスで丁寧なケアを行っているという方はいらっしゃいます。

 

巻き爪とはあまり関係ないと思うかもしれませんが、爪の中の掃除をするグッズとしてデンタルフロスが適しているのです。

 

もちろん、巻き爪が引き起こされている方に限った話ではありませんが、爪の中はゴミや垢が溜まりやすく、爪を伸ばしているという方は特に黒い物体が詰まりやすくなります。

 

そのような状態を放置していると、知らず知らずのうちに細菌が繁殖し、不衛生な状態となってしまうのです。

 

もし、巻き爪が引き起こされており、爪の角で皮膚を傷つけた場合、その傷口から雑菌が入り込んで化膿することもあるので、デンタルフロスで清潔に保つという試みが大事だというのはお分かり頂けるでしょう。

 

デンタルフロスではなく、爪と爪の掃除をする専用のスティックを使った方が良いものの、そのようなアイテムを持っていない方はデンタルフロスで代用しても良いのです。

 

ただし、これは当たり前の話ですが、足の爪の掃除に使ったデンタルフロスで、口の中の掃除をしてはいけません。

 

以上のように、足の爪を清潔に保つという試みは大事ですが、清潔にしたところで巻き爪自体を治せるわけではないので、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するのがベストです。

 

巻き爪ブロックを親指に装着すれば、あの痛みが嘘のように消えてしまうので、興味がある方は是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の痛みをデンタルフロスで取り除くことはできないので、直ぐにでも痛みを解消したいのであれば、コットンや脱脂綿を爪と皮膚の間に詰め込むべきです。

 

一時的な対処方法なので、完治させる方法ではないものの、痛みが和らげばそれだけ日常生活が楽になりますし、気分が晴れることは間違いありません。

 

とは言え、巻き爪自体を治したいと考えているのならば、上記でご紹介した巻き爪ブロックや、病院でワイヤーやプレートを使った矯正を行うべきです。

 

女性の場合は、ネイルサロンを訪れて巻き爪の矯正を行い、同時に美も手に入れるという選択肢も良いでしょう。

 

巻き爪の影響でフットサルといったスポーツができなくなるだけではなく、痛みによって不自然な歩き方となり、腰痛や膝痛を引き起こす大きな原因となるので、きちんと対処してください。

 

 


「巻き爪の予防」に関するページ