巻き爪とガーゼ

 

 

 


巻き爪とガーゼについて

他のページでも説明致しましたが、巻き爪による痛みを緩和させるために、コットンパッキングという方法が適しております。

 

巻き爪になると曲がった爪の角が皮膚に突き刺さる形となり、爪が伸びるにつれて痛みが酷くなるので、何でも良いのですがガーゼやティッシュを詰めることで隙間を作り、痛みを緩和させるのです。

 

ガーゼがクッションとなってトゲが皮膚に当たらないようにすれば、痛みが引き起こされることはありませんし、軽症の巻き爪であればコットンパッキングで治すことも十分にあり得ます。

 

ガーゼやビニールチューブを中に詰める方法は自宅で試せることに加え、思いのほか効果が高いので、一時的に痛みを和らげたいと考えている方に適していると言えるでしょう。

 

ただし、巻き爪の症状が酷い場合はガーゼを入れただけではどうしようもないので、爪母を焼きとってしまうフェノール法といった手術を行っていきます。

 

フェノールと呼ばれる薬物を使って行われる手術で、大きな痛みが引き起こされることなく施術を受けられますし、ダウンタイムが少ないというところも大きなメリットです。

 

一般的に巻き爪の矯正は保険が適用されないのですが、フェノール法は医療保険が適応されるので、大きな費用が掛かることはありません。

 

とは言え、巻き爪が引き起こされたからといって何が何でも手術を行えば良いというわけではなく、炎症や化膿が生じていないのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで対応できます。

 

爪が食い込んでいると、足を踏みしめるのが怖いと感じますが、巻き爪ブロックを付けていれば徐々に正常な爪の形へと導いてくれるので、是非使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ガーゼや脱脂綿を爪と皮膚の間に挟む場合は、その大きさに注意する必要があります。ガーゼが大きすぎると上手く詰められないですし、無理に入れようとすると爪が割れる危険性があるのです。

 

逆に小さ過ぎると痛みが和らげられないので、3mm程度にちぎったガーゼをピンセットを利用して慎重に入れるという方法が適しております。

 

しかし、親指の大きさや巻き爪の症状、そして爪質によって適したガーゼの量は個人によって差が生じているので、その都度上手く調節するべきです。

 

どんな巻き爪でもガーゼを詰め込むことで、痛みを少しでも和らげられるものの、炎症を引き起こして肉芽腫が形成されている場合は、なるべく早く専門医に診せるようにしましょう。

 

 


「巻き爪の予防」に関するページ