巻き爪と詰め物

 

 

 


巻き爪と詰め物について

巻き爪によって爪が皮膚に食い込み、痛くて仕方ないという症状で悩まされている方は、直ぐにでも矯正する必要があります。

 

それでも、忙しくて直ぐに病院に行けないという方はいらっしゃるので、そのような方は応急処置として詰め物を親指の爪と皮膚の間に入れるべきです。

 

詰め物は基本的に何でも良いのですが、あまりにも固すぎると意味がないですし、爪が割れるかもしれないので、清潔なコットンやガーゼ、ティッシュなどが適しております。

 

爪と皮膚の間に詰め物を入れる方法はコットンパッキングと呼ばれており、詰め物のお陰で爪と皮膚が接触しなくなるので、痛みを和らげることができるのです。

 

材料さえ用意していれば自宅で直ぐにできる方法ですし、巻き爪自体を治すことができなくても、少しでも痛みが解消されれば日常生活が楽になることは間違いありません。

 

しかし、コットンパッキングを行うと、いつまでも詰め物を外せなくなり、爪の変形が強くなっている状態なので、無理に取り去ると爪と爪床の形の間で不適合が引き起こされ、刺さり込みが強くなることがあります。

 

それに、同じ詰め物をずっと爪の中に入れていると細菌が繁殖して不衛生な状態となりますし、その影響で患部が化膿することも十分にあり得るのです。

 

そのため、コットンパッキングでいつまでも痛みを凌ごうと考えるのではなく、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使ってきちんと矯正することをおすすめします。

 

巻き爪ブロックで巻き爪が治り、正常な形となれば詰め物を入れる必要はなくなるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、爪と皮膚の間に詰め物を入れるデメリットはあるものの、一時的に痛みを和らげられるというのは紛れもなく事実なので、試してみる価値は大いにあります。

 

普通の状態では上手く詰め物を入れられないかもしれないので、爪と皮膚が柔らかくなっているお風呂上りに試すのが一番良いでしょう。

 

しかし、患部の清潔さはきちんと保たなければならないので、手で詰め物を入れるのではなくピンセットなどを用いるべきです。

 

元々爪の間は垢が溜まりやすく、不衛生な状態になりやすいので、傷口から細菌が侵入しやすく、炎症や化膿の大きな原因となるので十分に注意しなければなりません。

 

巻き爪の症状を甘く見ている方は多くいらっしゃいますが、一度曲がりが引き起こされると、自然と元の形に戻るということはほとんどないので、何かしらの対処を行うべきです。

 

 


「巻き爪の予防」に関するページ